コンテンツにスキップする

フィラデルフィア連銀製造業指数、4月は1973年以来の高水準

更新日時

4月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数は50.2に上昇。1973年4月以来の高水準となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は41.5だった。前月は44.5(速報値51.8)に下方修正。

  59%近くの企業が活動増加を報告。減少を報告したのはわずか8%だった。出荷指数が上昇し、雇用指数は30.8と、過去最高を記録した。

  仕入れ価格は69.1に小幅低下したものの、3月に付けた40年ぶり高水準近辺にとどまり、物価圧力が引き続き示された。投入物価の上昇を報告した企業は71%余りに上った。

  雇用者数の指数も加速した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Philadelphia Manufacturing Surges, New York Strong on Optimism(抜粋)

(統計の詳細を加え、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE