, コンテンツにスキップする

トルコ中銀が金利据え置き、新総裁の下で初会合-タカ派薄れリラ下落

  • 必要に応じ追加的な引き締めを行うとの文言は削除
  • リラは下落、一時0.9%安の1ドル=8.1568リラ

トルコ中央銀行は15日、カブジュオール新総裁の下での初の金融政策決定会合で、政策金利の据え置きを決めた。

  金融政策委員会は1週間物レポ金利を19%で維持した。ブルームバーグの調査に答えたアナリストの大半が据え置きを見込んでいたが、HSBCとキャピタル・エコノミクスはそれぞれ0.5ポイントと2ポイントの利下げを予想していた。

  中銀が声明で、この日の決定について「引き締め姿勢を維持した」と述べるにとどめ、必要に応じて追加的な引き締めを行うとのタカ派的な文言を取り除いたためリラは下落。一時0.9%安の1ドル=8.1568リラとなった。

  予想以上の利上げに踏み切った前任者が更迭され、エルドアン大統領に指名されたカブジュオール総裁は利下げを迫る圧力にさらされているが、これまでのところ緩和を急がない姿勢を示していた。

原題:*TURKISH LIRA TRADES 0.9% LOWER AT 8.1568, LOWEST SINCE APRIL 13、Turkey Lira, Stocks Fall as Central Bank Drops Tightening Pledge、Turkey Keeps Rate Unchanged But Drops Tight-Policy Pledge (1)(抜粋)

Real Yield

Turkey's key rate adjusted for inflation is one of the world's highest

Source: Central bank and official data, Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE