, コンテンツにスキップする

BofA、1-3月トレーディング好調-株式ボラティリティーの恩恵

  • セールス・トレーディング収入は17%増え51億ドル
  • 純金利収入は16%減の102億、個人向け部門のローンは8%減少

バンク・オブ・アメリカ(BofA)の1-3月(第1四半期)は、ウォール街のライバルたちと同様に株式市場の不安定な動きを追い風に、トレーディング収入が増えた。

  15日の決算発表によると、第1四半期のセールス・トレーディング収入は17%増え51億ドル(約5550億円)と、アナリスト予想の43億7000万ドルを上回った。JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックス・グループと同様、株式市場の高ボラティリティーと特別買収目的会社(SPAC)による新規株式公開(IPO)の活況で取引高が増えた恩恵を受けた。

  新型コロナウイルス危機の中でトレーディングが好調だったほか、投資銀行業務の手数料も60%余り増え22億5000万ドル。株式引受手数料が9億ドルに増加しけん引した。

  一方、失業増や店舗閉鎖の中で融資業務は振るわず、純金利収入は16%減の102億ドルにとどまった。個人向け部門のローンは8%減少。

  ただ、コロナ禍に絡む最悪のシナリオは実現せず、貸倒引当金27億ドルを戻し入れた。昨年は貸し倒れ増加を見込み、110億ドル超を引き当てていた。

  純利益は80億5000万ドルに増え、アナリスト予想の62億5000万ドルを上回った。総収入は微増の228億ドル。

原題:BofA Joins Bonanza as Wall Street Units Drive Results (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE