, コンテンツにスキップする

香港の学校で「国家安全教育」-中国の国旗掲揚や国歌斉唱

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

香港は15日、中国による香港国家安全維持法(国安法)導入後、初めてとなる「全民国家安全教育日」を迎えた。2019年に街頭での抗議活動が続いた後、香港当局が進めている教育制度見直しの一環。

  香港教育局の楊潤雄局長は最近の声明で、国家安全に対する理解を深めるためとして、香港全域の学校で中国国旗掲揚や中国国歌斉唱などの活動が15日に行われると発表していた。

Hong Kong Holds National Security Education Day

香港の学校での式典(4月15日)

  香港電台(RTHK)のウェブサイトによれば、香港中心部では抗議グループが中国での普通選挙権を求め行進した。警察は行進参加者の身分証明書(ID)を調べたが、行進を続けさせたという。

Hong Kong Holds National Security Education Day

香港政府の式典(4月15日)

Government-Sponsored Advertisement Ahead Of Hong Kong's National Security Education Day

「全民国家安全教育日」の看板(香港、4月14日)

原題:Hong Kong Schools Devote a Day to China’s National Security (1)(抜粋)

(3段落目を追加して更新します。更新前の記事で見出しの漢字を訂正しています)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE