, コンテンツにスキップする

コインベース上場、時価総額1000億ドル近辺-株価は急伸後に下落

更新日時
  • 初値は381ドル、一時429.54ドルまで上昇-終値328.28ドル
  • 時価総額は一時1120億ドル超、ICEやナスダック上回る
Monitors display Coinbase signage during the company's initial public offering (IPO) at the Nasdaq MarketSite in New York, U.S., on Wednesday, April 14, 2021.

Monitors display Coinbase signage during the company's initial public offering (IPO) at the Nasdaq MarketSite in New York, U.S., on Wednesday, April 14, 2021.

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

暗号資産(仮想通貨)交換業者コインベース・グローバルが14日、米ナスダック市場に上場した。時価総額は一時1120億ドル(約12兆2000億円)を超えたが、その後はビットコイン価格の下落やテクノロジー銘柄への幅広い売りを受け、初値を下回る水準で取引された。

  ナスダックは前日、直接上場を控えたコインベースの参考価格を1株250ドルに設定していた。初値は381ドルで、株価は一時429.54ドルまで上昇した。終値は初値から14%安となる328.28ドル。これに基づく時価総額は完全希薄化ベースで約860億ドルとなる。

  仮想通貨ビットコインは過去最高値を更新後、6万2000ドルを下回る水準に下落。ビットコインはイーサリアムと共に、同社の2020年の取引収入の56%を占めていた。

暗号資産交換業者のコインベース・グローバルが14日、ナスダック市場に上場した

Source: Bloomberg)

  コインベースの時価総額は、ニューヨーク証券取引所(NYSE)を傘下に置くインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)やナスダックを上回る。12年に創業したコインベースの上場は仮想通貨業界と同社にとって歴史的な出来事となった。直接上場としてはコインベースが初となったナスダック市場にとっても成功を意味する。

ティッカーシンボル「COIN」

  コインベースのアレシア・ハース最高財務責任者(CFO)はこの日午前のインタビューで、上場先にナスダックを選んだ理由の1つとして、ティッカーシンボル「COIN」の申し出があったことを挙げた。

relates to コインベース上場、時価総額1000億ドル近辺-株価は急伸後に下落

コインベースのハースCFO

  事情に詳しい関係者によると、ティッカーシンボルだけでなく、プライベート・マーケットや投資家向け広報(IR)などの各種サービス提供も上場先選定でナスダックのアピール材料となったという。

  ハースCFOは「ウォール街の賛同を得ようとしたわけではないが、仮想通貨の透明性を高め、より多くのユーザーに仮想通貨を紹介することを目指した」と述べた。

  コインベースの初期投資家も上場を歓迎。イニシャライズド・キャピタルの創業者でマネジングパートナーのギャリー・タン氏は13日のブルームバーグテレビジョンのインタビューで、「コインベースはこの10年のマイクロソフト、ネットスケープ、グーグルやフェイスブックに相当すると思う」と語った。

原題:Coinbase’s Whipsaw Debut Takes It Past $100 Billion, Then Back(抜粋)

(第5段落以降を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE