コンテンツにスキップする

デンマークがアストラ製ワクチンの投与中止、EU加盟国で初めて

デンマークは14日、英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンの使用を中止すると発表した。同ワクチンを巡っては接種後に血栓が生じる副反応が懸念されている。ワクチン接種プログラムからアストラ製ワクチンの除外を決めたのは欧州連合(EU)加盟国の中で同国が初めて。

  デンマークは血栓の副反応が報告されてから同ワクチンの使用を最初に中断した国の1つで、3月11日から投与していない。

  ノルウェーでも先月からアストラ製ワクチンを投与しておらず、15日に決定を発表する予定だ。

原題:Denmark Becomes First in EU to Drop AstraZeneca Vaccine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE