, コンテンツにスキップする

黒田日銀総裁、持続性と機動性増した強力な金融緩和を粘り強く継続

日本銀行の黒田東彦総裁は14日、政策対応によって持続性と機動性を増した現行緩和策の下で、2%の物価安定目標の実現に向けて強力な金融緩和を粘り強く続けていくと語った。都内で開かれた信託大会であいさつした。

他の発言
  • 日本経済、持ち直しの動き維持されている
  • 経済・物価見通し、まん延防止等重点措置の影響含めて下振れリスク大きい
  • 今後も強力な金融緩和措置で資金繰り支援と市場安定維持に努める
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE