, コンテンツにスキップする
Photographer: Tiffany Hagler-Geard/Bloomberg
cojp

テスラ株が24時間買える-暗号資産交換業者がトークン版「テスラ」提供

  • ​米国外の投資家、夜中に起き出したりせずに米国株取引可能に
  • 従来型の市場と暗号資産の市場の架け橋に-CEO

暗号資産交換業者で世界最大級のバイナンス・ホールディングスは12日、米国外の投資家が米電気自動車メーカー、テスラの株式を取引するためトークン版のテスラ株を発表した。これにより、テスラ株の取引が24時間可能になる。

  米国の取引所では時間外取引が行えるが、米国外の投資家にとっては、トークンは規制の壁を乗り越えたり、夜中に起き出したりせずに米国株を取引するよい方法だ。

  バイナンスの趙長鵬最高経営責任者(CEO)は発表文で、 「当社は全世界に多くのユーザーがいる。これらのユーザーが株式市場に参加するのに役立てるのは喜ばしい」とした上で、「従来型の市場と暗号資産の市場をつなげることで、より包括的な金融の未来のための技術的な架け橋を構築している」と説明した。

  広報担当者によると、バイナンスでの取引初日にテスラトークンは約1000万ドル(約10億9000万円)相当の取引があった。テスラ株の1日当たり取引高の年間平均、約570億ドルに比べるとわずかだが、コインマーケットキャップ・ドット・コムが追跡する仮想通貨の中では、流動性で100位以内に入る。

  暗号資産デリバティブ(金融派生商品)取引所のFTXなども株式トークンを提供している。

  両社のトークンは1トークンに付き対象銘柄1株の裏付けがあるが、株主の権利全てが利用できるわけではない。配当は生じるが議決権はない。

原題:
Crypto Exchanges Usher in Era of Round-the-Clock Stock Trading(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE