, コンテンツにスキップする

日本株は反落、コロナ感染の再拡大を懸念-海運や非鉄金属などに売り

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

東京株式相場は反落。国内で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、経済活動正常化の遅れが懸念された。海運や非鉄金属などの業種が下落した。個別ではソフトバンクグループやリクルートホールディングス、日立製作所、大塚ホールディングスなどが売られた。

  • TOPIXの終値は前日比6.37ポイント(0.3%)安の1952.18
  • 日経平均株価は130円62銭(0.4%)安の2万9620円99銭
TOPIXの推移

市場関係者の見方

岡三アセットマネジメントの前野達志シニア・ストラテジスト

  • 足元で新型コロナウイルス感染者が増えており、決算発表で業績見通しは強気といえるか不透明で決算を控え様子見ムード
  • 国内のワクチン接種スピードは海外からみたら明らかに遅く、経済活動正常化も遅れるため海外の投資家も買いにくい

水戸証券投資顧問部の酒井一チーフファンドマネジャー

  • 国内企業の決算発表本格化を控えて株価上昇の翌日は弱く、方向感が出にくい
  • 米長期金利の動向は先月ほど警戒されなくなっており手掛かりが少ない
  • 中長期的には株価は上昇方向だが、上値を追う材料もなく日経平均株価が3万円を抜けるにはもう少し時間はかかる

東証33業種

下落率上位海運、繊維製品、非鉄金属、電気・ガス、石油・石炭製品
上昇率上位鉄鋼、精密機器、ゴム製品、陸運、電機

背景

  • 機械受注8.5%減、基調判断「持ち直しの動きに足踏み」に下げ-2月
  • J&J製ワクチン、米保健当局が接種中断を勧告-血栓の報告で
  • 3月の米消費者物価指数、予想上回る上昇率-米10年債利回りは1.61%と5ベーシスポイント(bp)低下
  • 新たに4県「まん延防止」検討、大阪府で新型コロナ感染1099人と過去最多-報道
  • きょうのドル・円相場は1ドル=108円90銭を挟んで上下に推移、前日の日本株終値時点は109円68銭
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE