コンテンツにスキップする

モデルナのコロナワクチン、6カ月後も90%超える有効性

  • 重症化の予防では有効性95%余り-2回目接種の2週間後が起点
  • 米ファイザーと独ビオンテックのワクチンも半年後に同様の効果

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

モデルナの新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンは、6カ月後も90%を超える有効性を維持した。第3相試験データの最新分析が示した。

  13日の発表資料によると、2回目接種の2週間後を起点とした分析で、同社製ワクチンの全体的な有効性は90%余りで、重症化の予防では95%余りだった。これ以上の詳細は明らかにしなかった。今回の結果は暫定的なものであり、試験は続いているという。

  米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンも6カ月後に同様の結果が出ている。

ファイザー製コロナワクチン、2回目接種の半年後も91%以上の有効性

原題:
Moderna Says Covid Shot Remains 90% Effective After Six Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE