コンテンツにスキップする

ロイター通信、170年の歴史で初の女性編集主幹-アレッサンドラ・ガロニ氏

ロイター通信は12日、アレッサンドラ・ガロニ氏を次期編集主幹に充てる人事を発表した。女性が同職に就くのは同社170年の歴史で初めて。

  就任は19日付で、これまで10年間にわたりニュースルームを率いてきたスティーブン・アドラー氏(66)の後任。ガロ二氏は世界200拠点のジャーナリスト2500人を統括することになる。

Reuters Handout

アレッサンドラ・ガロニ氏

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)で経験を積んだガロニ氏(47)は、2013年にロイターの南欧支局に入社。 15年からはニュース企画などを統括するグローバル・マネジングエディターを務めてきた。同氏はロンドン在勤の編集主幹となる。

  ロイターはブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーと金融ニュースや各サービスの提供で競合関係にある。

原題:
Reuters Names First Woman Editor-in-Chief in 170-Year History(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE