, コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
cojp

マイクロソフト、AI手掛けるニュアンス買収で交渉中-関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

マイクロソフトは、人工知能(AI)や音声認識ソフトを手掛けるニュアンス・コミュニケーションズの買収に向けて協議が進んだ段階にある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  合意は今週にも発表される可能性がある。関係者らは情報が公になっていないとして匿名を条件に話した。関係者の1人によれば、協議されている買収額ではニュアンスを1株当たり約56ドルを評価する可能性もあるが、こうした条件はまだ変わる可能性がある。

  ブルームバーグがまとめたデータによると、実際にそうなれば、ニュアンスの株主価値を約160億ドル(約1兆7500億円)と評価することになる。これはニュアンスの9日終値を23%上回る水準。ニュアンスは米アップルの音声アシスタント機能「Siri(シリ)」に使用される技術の基盤を作った。

  協議は続いており、破談となる可能性も残されているという。

原題:
Microsoft Is Said to Be in Talks to Buy Nuance Communications(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE