, コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

ソフトバンクG出資の滴滴、非公開での米IPOを申請-関係者

更新日時
  • 企業価値700億-1000億ドルと評価される可能性-関係者
  • 滴滴は年内に香港市場への二重上場も検討中

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

ソフトバンクグループが出資する中国の配車サービス、滴滴出行は米証券取引委員会(SEC)に米国での新規株式公開(IPO)を非公開の形で申請した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報は非公開だとして匿名で語った関係者によると、滴滴は700億-1000億ドル(約7兆7000億-11兆円)と評価される可能性がある。ゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタンレーが主幹事を務めている。IPOの規模と時期は変更もあり得るという。

  関係者の1人によれば、滴滴は年内に香港市場への二重上場も検討している。

  滴滴は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後の事業回復の中で、IPO計画を加速させてきた。

  滴滴の担当者はコメントを控えた。ゴールドマンとモルガン・スタンレーもコメントを控えた。

中国の滴滴出行、NYでのIPOを今月申請の計画-ロイター通信 

原題:Didi Chuxing Said to Have Filed Confidentially for U.S. IPO (1)(抜粋)

(情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE