, コンテンツにスキップする
Photographer: ANGELA WEISS/AFP
cojp

【米国市況】S&P500が最高値、週間で昨年10月以来の3週連続高

9日の米株式相場は続伸。S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均はともに、終値ベースの最高値を更新した。この日発表された物価統計は市場予想を上回る強い内容だったが、投資家はインフレ懸念より景気回復見通しに目を向けた。米国債は下落した。

  • 米国株は主要3指数が上昇-S&P500種は4100台で終了
  • 米国債は下落、10年債利回りは1.66%
  • ドルは主要通貨の大半に対し上昇-カナダ・ドル買われる
  • NY原油は週間で3月中旬以来の大幅安、需要回復が焦点に
  • NY金は週間で3週ぶり上昇、米金融当局がハト派姿勢

  S&P500種は前日比0.8%高の4128.80と、4100台で終了。ダウ平均は297.03ドル(0.9%)高の33800.60ドル。ナスダック総合指数は0.5%上げた。ニューヨーク時間午後4時53分現在、10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.66%。

  S&P500種は週間ベースでは3週連続高と、昨年10月以降最長の上昇局面となった。この日の売買高は今年に入ってからの最低水準。ダウ構成銘柄ではハネウェル・インターナショナルが値上がり率1位。アナリストによる投資判断引き上げが好感された。ボーイングは下落。737MAX数十機の運航を電気系統の不具合修繕のために停止した。

  クラリダ米連邦準備制度理事会(FRB)副議長は9日、金融政策を調整する前に、政策当局は物価安定と最大限の雇用確保という目標に達しているかどうか「具体的な数字」を見極めると発言。金融当局が支援を継続する姿勢が確認された。一方、3月の米生産者物価指数(PPI)は総合、コアともに市場予想を大きく上回り、物価上昇軌道に関する議論を再燃させる内容となった。

  JOハンブロ・キャピタル・マネジメントのシニア・ファンドマネジャー、ジョルジョ・カプト氏は「現状における明るい要素を忘れずにいることが重要だ。物価が上昇しているのは需要が戻りつつあるからだ」と述べた。

U.S. equity benchmark gains for a third week after notching consecutive highs

S&P500種株価指数の週間ベース推移

出所:ブルームバーグ

  外国為替市場では、ドルが主要通貨の大半に対して上昇した。PPI発表後の米国債利回り上昇が背景。主要10通貨の中で他をアウトパフォームしたのはカナダ・ドル。3月の同国雇用者数の伸びがエコノミスト予想の3倍となり、カナダ銀行(中央銀行)が資産購入ペースを段階的に縮小する可能性が高まったと受け止められた。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%高。一時は0.4%高と、3月30日以来の大きな上昇率。ドルは円に対しては0.4%高の1ドル=109円66銭。ユーロはドルに対し、0.1%安の1ユーロ=1.1901ドル。カナダ・ドルは米ドルに対して0.2%上昇。

  ニューヨーク原油先物相場は続落。週間ベースでは3月中旬以来の大幅安となった。新型コロナウイルスの世界的な感染再拡大で、景気回復が減速するとの懸念が広がった。石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」が減産縮小の開始を計画する中、供給増を吸収できるほど需要が回復するかどうかに市場は注目している。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物5月限は、前日比28セント(0.5%)安の1バレル=59.32ドルで終了。週間では3.5%安。ロンドンICEの北海ブレント6月限は、前日比25セント安の62.95ドル。週間では2.9%下げた。

  金相場は週間ベースでは3週ぶりの上昇となった。米金融当局からハト派的な見解が示される中、米国債利回りが週間で低下したことから、利子を生まない金の投資妙味が相対的に高まった。

  9日の金相場は下落。金スポット価格はニューヨーク時間午後2時10分現在、前日比0.8%安の1オンス=1742.44ドル。週間では0.8%高。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比で0.8%安の1744.80ドルで終えた。  

原題:Stocks Notch Longest Weekly Rally Since October: Markets Wrap(抜粋)

Dollar, Yields Rise on Inflation; Loonie Tops Peers: Inside G-10(抜粋)

Oil Posts Worst Week in Three With Demand Recovery in Focus(抜粋)

Gold Heads For First Weekly Gain in Three on Help From Fed View(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE