, コンテンツにスキップする

SF連銀総裁「米景気、かなりの進捗確認する必要」-完全な回復は先

  • 完全な回復まで先は長く、データでそれが示されるまで待つつもりだ
  • インフレ加速は一時的で、より広範な圧力増大はない見通し

米サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は、米景気回復に「強気」の見方を取っているが、完全な回復まで先は長く、データがそれを示すまで待つつもりだと語った。

  デーリー総裁はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「さらにかなりの進捗(しんちょく)を見込むのではなく、確認する必要がある。現実にはなお弱い部分、不安な部分が見られる」と指摘。インフレ率は今年若干加速すると予想するが、これは一時的にとどまり、より広範なインフレ圧力の増大はない見通しだと述べた。

  デーリー氏はその一方で、低金利が景気回復を支えており、現時点で過度のリスクは生じてないと分析し、「今の金融システムは流動性が非常に潤沢で極めて緩和的であり、われわれが必要とする形で景気を支えていると思う。金融システムは全体として望ましい状態にある」と発言した。

原題:Fed’s Daly Says Must See, Not Just Expect, Substantial Progress(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE