, コンテンツにスキップする

アマゾン従業員、労組結成を否決-労働運動に打撃

更新日時

アマゾン・ドット・コムの従業員によるアラバマ州の物流倉庫での労組結成の是非を問う投票は、反対多数で否決された。労働運動に打撃となる一方で、会社側には大きな勝利となった。

  全投票3000票余りのうち、反対が1798票となった。小売業界の労組「RWDSU」が主導した労組結成への賛成票は738票にとどまった。労組の投票を監督する全米労働関係委員会(NLRB)が8日に開票作業を始めていた。

  集計が終了する前から、RWDSUは結果に異議を申し立てる意向を示していた。申し立てが認められた場合、NLRBは今回の投票結果を取り消し、新たな投票実施を求めることができる。

原題:Amazon Wins Union Election in Setback to Labor Movement (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE