, コンテンツにスキップする

バークレイズ、若手燃え尽き防止で対策-月曜の顧客会合も避ける方向

  • 若手を金曜日の午後9時から日曜日の午前9時まで勤務させない方針
  • 週末通じて働く必要がある仕事は金曜日の正午を過ぎて割り当てない

英銀バークレイズは投資銀行のジュニアバンカーのメンタルヘルス(心の健康)を守るポリシーを一部改定し、進行中のディールにスタッフの配置が避けられない場合を除き、若手のアナリストとアソシエイトを金曜日の午後9時から日曜日の午前9時まで勤務させない方針を決めた。

  8日の行員宛ての内部文書によれば、最も年齢が若いこれらのバンカーには、仕事から完全に切り離される形で5日間の休暇を年2回取得することも求める。大部分のアナリストとアソシエイトが、グローバルに適用される改定後のポリシーの対象となる。

  バークレイズの内部文書によると、期限を守るために週末を通じて働く必要がある仕事を金曜日の正午を過ぎてアナリストやアソシエイトに割り当てることは今後できなくなり、例外扱いにはグループ責任者のサインオフ(承認)が必要だ。

  さらに顧客との会合も可能な限り火曜日から金曜日に設定し、顧客が月曜日のミーティングを求める場合も金曜日までに事前に資料の準備を終えることが要求される。

  バンキングカバレッジのグローバル責任者ジョン・ミラーはインタビューで、「在宅勤務の状況や孤立といった問題を強く意識しており、こうした課題に親身になって敏感に反応し、われわれのチームのメンタルヘルスに適切に投資するよう確実を期したい」と語った。

  ゴールドマン・サックス・グループのジュニアアナリストが仕事の負荷の窮状を訴える内部プレゼンテーションが最近拡散し、ウォール街は騒然となった。

  合併・買収(M&A)の活況を受け、長時間のプレゼンテーションや顧客との会合のための資料準備に忙殺される若手バンカーのバーンアウト(燃え尽き症候群)が増加しており、バークレイズやライバル行は対応を迫られている。

原題:Barclays Reworks Policies to Help Its Junior Investment Bankers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE