, コンテンツにスキップする

セントルイス連銀総裁、テーパリングの議論開始は時期尚早

  • まずパンデミック収束が必要-順調な軌道にあるがリスクも
  • 米国の完全雇用達成は「向こう1年以内にあり得る」

米セントルイス連銀のブラード総裁は8日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続いている限り、米金融当局が資産購入のテーパリング(段階的縮小)を議論するのは時期尚早だとの見解を示した。

  ブラード総裁はウェビナー後の記者団との質疑応答で、「まずパンデミックが収束する必要があると考える。その順調な軌道にあると楽観しているが、なおリスクがあると認識している。状況が異なる方向に向かう可能性もある」と述べた。

  さらに「パンデミックの完全な終息はないだろうが、米国でより明確な収束を確認したい」とし、「その段階で米景気はさらに活況になると考えられ、それが労働市場に波及すると期待している。その時点で次に何をすべきかについて議論を始められるだろう」と語った。ただ「まだ実際にその段階には至っていないと思う。議論を始めるには若干、早過ぎるだろう」と指摘した。

  米国が完全雇用に達する時期については「向こう1年以内にあり得ると考える。ワクチン接種の過程が完了あるいはほぼ完了したら、多くの人が仕事に戻れるだろう」と話した。

  同総裁は今年、連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権を持たない。

原題:
Fed’s Bullard Says It’s Premature to Start Debate on Tapering(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE