, コンテンツにスキップする
Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg
cojp

クレディSがヘッジファンドへの融資条件厳格化―アルケゴス損失受け

  • ビル・フアン氏のアルケゴスとのスワップ取引で47億ドルの減損
  • 新たな融資条件、スワップの証拠金を変動型にシフトへ-関係者
A Credit Suisse logo in the window of a Credit Suisse Group AG bank branch in Zurich, Switzerland, on Thursday, April 8, 2021. Credit Suisse Chief Executive Officer Thomas Gottstein gathered dozens of managing directors at the global bank on a conference call late Tuesday, as part of crisis-management efforts after the lender announced that it stands to lose as much as $4.7 billion amid the meltdown of hedge fund Archegos Capital Management.
Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

スイスの銀行クレディ・スイス・グループはアルケゴス・キャピタル・マネジメントのポジション破綻で47億ドル(約5100億円)の減損を計上したことを踏まえ、ヘッジファンドとファミリーオフィス向けの融資条件を厳格化する。新しい業界慣行の前触れとなる可能性がある。

  事情を直接知る複数の関係者によれば、クレディ・スイスはプライムブローカレッジ契約のより制限的な条件に一致させるよう、スワップ契約の証拠金要件の変更を顧客に要請。具体的には、固定型の証拠金を変動型にシフトして、顧客により多くの担保差し入れを迫る可能性を持たせるものとし、一部取引では収益性の低下が生じ得る。

  クレディ・スイスの広報担当者はコメントを控えた。

  スワップはビル・フアン氏が自身のファミリーオフィス、アルケゴスで高レバレッジの株式ポジションを取る際に利用していた。フアン氏のポジションは3月22日の週に急激な評価額の減少に見舞われ、アルケゴスに対し巨額の追加証拠金要求が発生。フアン氏はわずか数日で200億ドルを失った。

  固定型の証拠金では、一定規模のポジションや口座を維持するために顧客が差し入れねばならない定額の担保が設定される。変動型では、ボラティリティーなどの要因でポジションや口座の潜在的リスクが増大した場合にディーラーはより多くの担保差し入れを求めることができる。

原題:Credit Suisse Tightens Hedge Fund Limits Amid Archegos Fallout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE