, コンテンツにスキップする

ムバダラ、グローバルファウンドリーズの米IPOを計画-関係者

  • 上場に関して助言会社候補と初期の協議中だと関係者語る
  • グローバルファウンドリーズ評価額は約200億ドルとなる可能性

アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の政府系ファンド(SWF)、ムバダラ・インベストメントが半導体受託生産のグローバルファウンドリーズの米国市場での新規株式公開(IPO)に向け準備を開始した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ムバダラはグローバルファウンドリーズの上場に関して助言会社候補と初期の協議を進めているという。同社の評価額は約200億ドル(約2兆1900億円)になる可能性があると、非公開情報を理由に関係者らが匿名で語った。

  関係者らによると、協議は初期段階にあり、上場の詳細は変更される可能性がある。

  グローバルファンドリーズは半導体受託生産のトップ企業の1つで、台湾積体電路製造(TSMC)と競合している。ムバダラは2009年に米アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)の製造施設を取得してグローバルファンドリーズを設立し、その後、シンガポールのチャータード・セミコンダクター・マニュファクチャリングを買収して統合した。

  ムバダラとグローバルファウンドリーズの担当者はコメントを控えた。

  グローバルファウンドリーズのトム・コールフィールド最高経営責任者(CEO)は今週のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、同社は常に戦略的代替策を検討しており、これまでIPOの時期として常に2022年を考えてきたと述べていた。

  ムバダラはソフトバンクグループ傘下ビジョン・ファンドに出資している。

原題:Mubadala Said to Plan GlobalFoundries IPO at $20 Billion Value(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE