コンテンツにスキップする

野村HD、アルケゴス関連損失を調査する特別チームを設置-報道

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

野村ホールディングスはアルケゴス・キャピタル・マネジメント関連で20億ドル(約2200億円)規模の損失が発生する可能性が生じたことについて、特別調査チームを社内に設置したと、ロイター通信が事情に詳しい関係者2人の話を基に伝えた。リスク管理体制などの実態把握を図るという。関係者の名前は明示していない。

  報道によると、野村は損失に関する詳細を数週間以内に公表する計画で、4月27日に通期決算とあわせて発表することを検討している。ロイターが関係者1人を引用した。

  野村の広報担当者はロイターに対してコメントを控えた。

関連記事
金融庁と日銀が高リスク取引を調査へ、米アルケゴス問題で-報道
野村HDが巨額損発生の検証に着手、損失確定時期は未定-関係者

原題:
Nomura Sets Up Team to Probe Archegos-Related Loss, Reuters Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE