, コンテンツにスキップする

ロビンフッド、IPO前にさらなる銀行融資確保に向け協議-関係者

  • ロビンフッドは回転信用枠拡大に向け複数の金融機関と協議している
  • 増やしたい金額は不明-株式公開前の与信枠確保はよくあると関係者

株取引アプリ運営の米ロビンフッド・マーケッツは予定する新規株式公開(IPO)を控えて、さらなる銀行融資の確保を目指している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報の非公開を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、ロビンフッドは回転信用枠の拡大に向け複数の金融機関と協議している。同社が得ようとしている金額は明らかでない。関係者の1人は、株式公開前の企業が与信枠を確保することはよくあると指摘した。ロビンフッドの担当者はコメントを控えた。

  ロビンフッドは今年に入り巨額の追加保証金に対応するため、既存投資家から資金調達したほか、銀行与信枠からも引き出しを行った。

  ブルームバーグのデータによると、同社の与信枠にはJPモルガン・チェースゴールドマン・サックス・グループモルガン・スタンレーからの6億ドル(約660億円)の回転信用が含まれる。

関連記事
ロビンフッドが米国でIPOへ、非公開の形で申請-関係者
ロビンフッド、既存投資家から24億ドル追加調達-取引制限を緩和
ロビンフッドが銀行与信枠を一部活用、市場混乱のさなか-関係者

原題:Robinhood Is Said to Seek More Bank Credit Ahead of Planned IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE