, コンテンツにスキップする

テスラ株、保有しないリスクは保有リスクより高い-モルガンS

  • テスラはバイデン氏のインフラ計画から恩恵受ける公算
  • 政権がEV向けに1740億ドルを振り向ける意向

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

モルガン・スタンレーは米電気自動車(EV)メーカー、テスラについて、米政府のインフラ計画から他とは比較にならないほど恩恵を受ける可能性があり、自動車セクターの投資家は同社株を保有していなければ大損のリスクがあるとの見方を示した。

  アナリストのアダム・ジョナス氏は7日のリポートで、バイデン政権がEV向けに1740億ドル(約19兆1000億円)を振り向ける提案を示しており、これにより伝統的な自動車メーカーや一部の新規参入企業に対するテスラの優位性が高まる可能性があると分析。

  さらに、短期的に若干の不確実性に見舞われる恐れがあるものの、長期的には「自動車投資家にとってテスラ株をポートフォリオに保有しない方が、保有するよりリスクが大きい」と指摘した。

  大半の自動車メーカーが半導体不足で生産停止を余儀なくされたにもかかわらず、イーロン・マスク氏率いるテスラが今週発表した1-3月の販売台数は市場予想を上回った。ただ、テスラ株はここ1カ月伸び悩んでおり、年初来では約5%下げている。昨年は743%上昇していた。

  テスラ株に対するモルガン・スタンレーの投資判断は「買い」相当で、目標株価は880ドル。アナリストの平均目標株価は651ドル。投資判断は「買い」17社、「ホールド」13社、「売り」12社となっている。

原題:
Morgan Stanley Says Risk of Tesla Shares Is Not Owning Them (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE