, コンテンツにスキップする

ホワイトハウス、オバマ政権上回る排出削減率目標を検討-関係者

  • オバマ政権は25年までにガス排出を05年水準から26-28%削減と公約
  • バイデン政権は今月の気候変動サミット前に目標を公表する見込み

ホワイトハウスはオバマ政権が公約した温室効果ガス排出量の削減率を引き上げることを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。実現した場合、電力や輸送などの業界は抜本的な改革を強いられる可能性がある。

  これら関係者によると、新たな目標設定は、産業革命前と比べて世界の平均気温の上昇を1.5度未満に抑えるホワイトハウスの取り組みの一環。同目標はなお策定中であり変更される可能性もあるが、バイデン政権は今月22、23両日に開催予定の気候変動サミット前に公表する見込み。

  オバマ政権は2025年までに温室効果ガス排出量を05年の水準から26-28%削減すると公約。関係者の1人によると、現在検討されている削減率目標は30年までに48-50%。別の関係者は、より高い53%も検討されていると述べた。両関係者とも情報が部外秘だとして匿名で語った。

  ホワイトハウスは具体的な数字に関してコメントを控えた。ただ当局者の1人は政権として、この目標に「政府全体」で取り組む計画だと説明した。

原題:White House Considering Nearly Doubling Obama’s Climate Pledge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE