, コンテンツにスキップする

シカゴ連銀総裁、米国債利回り上昇は経済に対する楽観を反映

米シカゴ連銀のエバンス総裁は米長期国債利回りの最近の上昇について、米経済の見通しが明るさを増していることを反映しているとし、重大視しない考えを示した。

  総裁は7日、バーチャル形式での講演後の質疑応答で「全く意外な展開というわけではないと考えている」とし、「経済が改善しつつあるというシグナルだ。今後われわれがインフレ圧力を注視していく中で留意する必要があることも確かだ」と述べた。

  物価については「2.5%のインフレ率はいかなる状況でも限度を超えたと捉えられるべきではない」とし、3%でも一定の期間は「歓迎されよう」と語った。

  その上で、「われわれは高インフレ率を回避したいと考えており、そうした状況になった場合は金融当局が政策を調整すると私は強く確信している。ただそれはずっと先の話だ」と述べた。

原題:Fed’s Evans Says Rising Bond Yields Reflect Economic Optimism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE