, コンテンツにスキップする

インドネシア中銀責務に景気支援追加も、独立性は維持-ジョコ大統領

  • GDPが4-6月に最高で前年同期比7%増との見通し示す
  • 金融セクター改革を巡る議論は続けられるべきだ-インタビュー

インドネシアのジョコ大統領は7日、中央銀行の責務に景気支援を含める国会の動きを後押しすると表明した。こうした法改正は中銀の独立性をリスクにさらし得ると指摘するアナリストもいる。

  大統領はジャカルタの大統領官邸でインタビューに応じ、インドネシア銀行(中銀)は通貨管理だけでなく、持続可能な経済成長と雇用創出を支えるべきだと述べた。

  インドネシアが約20年ぶりにリセッション(景気後退)に陥った昨年を経て、国内総生産(GDP)は今年4-6月(第2四半期)に最高で前年同期比7%増えるとの見通しも示した。

Indonesian President Joko Widodo Interview

ジョコ大統領(大統領官邸で、4月7日)

写真家:Dimas Ardian / Bloomberg

  大統領は「もちろん、インドネシア銀行がその責務に成長と雇用創出を追加することを支持する」と述べ、「インドネシア銀行の独立性は保たれる」と付け加えた。

Indonesian economy suffered less from the pandemic than most peers

  インドネシア政府が昨年、中銀に対する監督を強めようとしたことで世界の投資家は動揺。インドネシアの通貨ルピアと国債はここ数カ月、新興市場資産の売りで打撃を受けており、投資家が再び懸念を強めれば、一段と売られる可能性もある。

  大統領は危機時に中銀を含めた全ての監督当局が迅速に対応できるようにするため、金融セクター改革を巡る議論は続けられるべきだとも語った。

原題:Jokowi Supports Central Bank Mandate to Aid Indonesia’s Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE