, コンテンツにスキップする

ソニー、タイでコロンビア映画のテーマパーク開設へ-10月開業予定

  • コロンビアの「アクアバース」建設でアマゾン・フォールズと協力
  • 既存施設を拡張・リブランド、10月から段階的にオープンの予定

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントはタイで、傘下の映画スタジオ、コロンビア・ピクチャーズの名前と映画を使ったウオーターテーマパークを開設する。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後の観光業回復にタイミングを合わせたい意向だ。

  ソニーはアトラクション開発業者アマゾン・フォールズと協力し、コロンビア・ピクチャーズの「アクアバース」を建設する。アマゾン・フォールズが運営する既存のウオーターパークを拡張・リブランドするもので、新たなパークには「ゴーストバスターズ」や「ジュマンジ」、「モンスター・ホテル」などの映画のキャラクターを使ったアトラクションやライドが追加される。

  ソニーの6日の発表によれば、バンコクから約90分のバンサライで開発中のパークは広さ14エーカー(5.7ヘクタール)で、2021年10月から段階的にオープンする予定。

  ソニー・ピクチャーズのエグゼクティブバイスプレジデント、ジェフリー・ゴッドシック氏はインタビューで、資金はアマゾン・フォールが全額賄うと説明した。

原題:
‘Ghostbusters,’ ‘Jumanji’ Will Headline Water Park in Thailand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE