, コンテンツにスキップする

米求人件数、2年ぶり高水準-今後数カ月の人員採用増加を示唆

更新日時

2月の米求人件数は2年ぶりの高水準に増加した。新型コロナウイルス流行局面に特に打撃を受けた業界の一部で大きく増え、今後数カ月に採用が増えることが示唆された。

キーポイント
  • 米求人件数は737万件に増加
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は690万件
    • 前月は710万件(速報値692万件)に上方修正

  ヘルスケア分野での求人件数は過去最高となったほか、宿泊・食品サービスは4カ月ぶりの高水準となった。

U.S. job openings jumped to a two-year high in February

  インディード・ハイアリング・ラブの経済調査担当ディレクター、ニック・バンカー氏は「今回の統計には好ましい内容が多い」と指摘。「新型コロナ流行で特に大きな打撃を受けた業界の一部で、ようやく採用の動きが本格化してきた」と述べた。

  自発的離職者はほぼ変わらず、離職率は2.3%で横ばいだった。解雇者と自発的離職者の合計であるセパレーションは550万人と、前月の530万人から増加した。なお昨年12月の水準は下回っている。

  ヘルスケアの求人は145万件に増加。宿泊・食品サービスの求人は76万1000件に増えた。小売りセクターでは81万7000件と、2019年10月以来の高水準となった。

原題:U.S. Job Openings Hit Two-Year High, Signaling More Hiring Ahead(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE