, コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
cojp

ビットコイン投信最大手、価値下落で投資家が受益証券買い付けを要求

An engineer removes a mining rig draw housing graphics processing units (GPU) at the Evobits crypto farm in Cluj-Napoca, Romania, on Wednesday, Jan. 22, 2021. The worlds second-most-valuable cryptocurrency, Ethereum, rallied 75% this year, outpacing its larger rival Bitcoin.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

仮想通貨ビットコインの投資信託で最大手「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」に投資しているファミリーオフィスのマールトンは、受益証券の価値を押し上げるために保有者からの買い付けを要求している。GBTCの受益証券の価格は保有するビットコインの価値を約8%下回った。

  アクティビスト(物言う投資家)として知られるマールトンは、GBTCの親会社、米グレースケール・インベストメンツの取締役会に宛てた6日付の書簡で、3月31日時点でGBTCが保有するビットコインの価値と比較すると受益証券保有者は31億ドル(約3400億円)の損失を被っていると主張した。マールトンは保有するGBTC受益証券の規模については言及を避けた。

関連記事
グレースケール、ビットコインETFへの転換に「100%コミット」
世界最大のビットコイン投信、苦境鮮明-「ディスカウント」記録更新

原題:Grayscale Bitcoin Trust Assailed by Investor Over Discount (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE