, コンテンツにスキップする

EU、6月末までに人口の過半数にコロナワクチン接種へ-内部文書

  • 独、仏、イタリア、スペイン、オランダでは夏までに55%超が接種へ
  • 今四半期のワクチンの配布、約3億6000万回分と見込む-欧州委

大半の欧州連合(EU)加盟国は6月末までに、人口の過半数に接種するのに十分な量の新型コロナワクチンを確保する見込みだ。ブルームバーグが内部文書を確認した。公式の目標よりもはるかに早い。

  欧州委員会の予測文書によると、ドイツとフランス、イタリア、スペイン、オランダでは全人口の55%超が6月末までに必要なワクチン接種を完全に終了できる見込み。EUの公式目標は夏の終わりまでに成人の70%の接種完了で、これは各国の人口構成次第だが全人口の55-60%に相当する。

  EUのワクチンプログラムは遅延や混乱、政治的対立に見舞われ出足は鈍かったが、この予測は期待を抱かせる。欧州委は今四半期のワクチンの配布が約3億6000万回分と、1-3月(第1四半期)の1億回分余りから増えると見込んでいる。

  4月1日付の文書はEU加盟各国に6月末までに配布されるワクチンの量を明記している。クロアチアやブルガリア、スロバキア、チェコ、オーストリアなどは遅れが見込まれる一方、デンマークやマルタなどははるかに早期に集団免疫の水準を達成する見通しで、全体的に前向きな内容だ。

  ワクチン増産の取り組みを率いるブルトン欧州委員はこれまでに、7月14日までには集団免疫獲得に十分なワクチンを配布できる見込みだと話していた。

Vaccine Divergence

EU member states won't reach the immunity threshold at the same time

Source: EU memo dated April 1

Note: Forecast refers to full vaccinations. Depending on the demographics of each country, 70% of adult population corresponds to 55-60% of total population

原題:
EU Will Near Virus Immunity By End-June, Internal Memo Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE