, コンテンツにスキップする

第2のアルケゴスは時間の問題、ねずみ算的損失増加も-マイナード氏

  • ポジションが破綻を来す別の会社が現れるのは時間の問題だと認識
  • SPACも予想通りの業績を達成できなければ調査対象になり得る

米投資運用会社グッゲンハイム・インベストメンツのスコット・マイナード会長は、ビル・フアン氏のファミリーオフィス、アルケゴス・キャピタル・マネジメントと似たような形で、ポジションが破綻を来す別の会社が現れるのは、時間の問題にすぎないとの認識を示した。

  マイナード会長は5日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「そのような状況を再び目にする可能性は非常に高い」と発言。アルケゴス関連で生じたような多額の損失が「市場がリスクを是正し、システムから洗い流すまで、ねずみ算的に増え続けることになりそうだ」と分析した。

  マイナード氏は「われわれは誰も全く予期しない不意を突く出来事に極めて脆弱(ぜいじゃく)だと感じられる」と述べる一方、ファミリーオフィスへの監視が強化される可能性があり、特別買収目的会社(SPAC)も予想通りの業績が達成できない場合には、規制・監督当局の調査対象分野になり得ると指摘した。

ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで発言するマイナード会長

Markets: The Close.” (Source: Bloomberg)

原題:Minerd Sees Another Archegos-Style Blowup as ‘Highly Likely’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE