, コンテンツにスキップする

SPACを激しく批判、個人投資家「略奪行為」の餌食に-ブロック氏

  • 一部の個人投資家が「略奪行為」の餌食になるとの見通しを示した
  • 「怪しげなものが非常に多く存在する。市場は今や詐欺の時代だ」

空売り投資家カーソン・ブロック氏は、より多くの特別買収目的会社(SPAC)を対象に市場価格の下落に賭ける投資を増やしていると述べ、一部の個人投資家が「略奪行為」の餌食になるとの見通しを示した。

Key Speakers At The Bloomberg Invest New York Summit

カーソン・ブロック氏

Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

  マディー・ウォーターズ・キャピタル の最高経営責任者(CEO)であるブロック氏は5日の電話取材で、「怪しげなものが非常に多く存在する。市場は今や詐欺の時代だ」と発言。その一方で、空売りの最近のターゲットを特定することは避けた。

  ブロック氏は最近、SPACを通じて株式を公開したXLフリートマルチプランについて下落に賭ける投資を行っており、前者は年初来約70%、後者も約25%値下がりしている。

原題:Carson Block Steps Up SPAC Attacks, Citing ‘Predatory’ Behavior(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE