, コンテンツにスキップする

パナソニックがマグナを提訴、先進運転支援システムで特許侵害

パナソニックは、自動車部品メーカーの加マグナ・インターナショナルが先進運転支援システムなどで使われる自社の特許4件を侵害しているとして提訴した。

  テキサス州ウェーコの連邦地裁に提出した訴状でパナソニックは、マグナが自動運転システム「ICONレーダー」向けに米新興企業と共同開発する「レーダー・オン・チップ」について、自社のリアビュー・アラインメント・カメラシステムとサラウンドビュー・カメラシステムを模倣していると主張した。

  先進運転支援システムは複数のカメラやレーダーを使い、運転手が周囲の状況などを俯瞰(ふかん)的に把握することなどを可能にする。

  パナソニックは、マグナのカメラやレーダー製品に自社発明技術が使用されるのを阻止する裁判所の差し止め命令と賠償金の支払いを求めている。

原題:
Panasonic Sues Magna Over Camera-based Automotive System Patents(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE