, コンテンツにスキップする

中国人民銀、バブル懸念し市中銀行に与信抑制を要請-FT紙

中国人民銀行(中央銀行)は融資急増による資産バブルの助長を懸念し、市中銀行に与信の抑制を要請した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が事情に詳しい複数の関係者を引用して報じた

  FTによると、人民銀は2月、第1四半期の新規融資を前年同期とほぼ同水準に抑制するよう指示した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による経済への影響緩和で金融支援を強化してきた同中銀が、金融リスクの抑制に再び注意している兆候とみられる。

  同紙によれば、中国の新規融資は1-2月に16%増加し、新築住宅販売は133%の急増を記録した。

原題:
China Asked Banks to Rein In Credit on Bubble Fears, FT Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE