, コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
cojp

米政権の大規模インフラ計画、10年間で1900万人雇用創出-バイデン氏

  • 企業増税が人材の採用や成長を妨げるとの批判には反論
  • 雇用増の見通しはムーディーズ・アナリティクスのリポートが根拠

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領は2日、3月31日に公表した大規模インフラ投資計画について、向こう10年間で1900万人の雇用創出につながるとの見通しを示した。

  バイデン氏はホワイトハウスで、「独立した分析は、この計画が成立すれば経済が1900万人の雇用を生むことを示している」と発言。「良質の雇用、ブルーカラー雇用、報酬の良い雇用だ」とした。

  ホワイトハウスが「米雇用計画」と銘打った2兆2500億ドル(約249兆円)規模の同計画の雇用への効果について予測を示したのは、今回の大統領発言が初めて。物理的および技術的なインフラを整備し、経済格差に対応することを目指している。

バイデン大統領、250兆円規模インフラ計画発表-国民全員に恩恵

President Biden Delivers Remarks On March Jobs Report

バイデン大統領(4月2日)

Photographer: Yuri Gripas/Abaca/Bloomberg

  大統領の掲げた数字は、ムーディーズ・アナリティクスが同じ週に公表したリポートを根拠としている。同リポートは大統領の提案が議会を通過すれば、向こう10年間で1890万人の雇用が創出されると分析した。

  ただ、同リポートは、雇用の自然増と、新型コロナウイルス禍に対応するための1兆9000億ドルの経済対策が1630万人の雇用増につながると予測しており、新たなインフラ計画が10年間で生む雇用は260万人分程度であることを示唆している。

  同リポートはさらに、インフラ支出やプロジェクトに先立って同計画の財源となる法人税増税が実施されるため、来年の「成長率はやや押し下げられる」と分析している。それでも2023年には経済が成長と雇用を押し上げ始め、バイデン政権の1期目に新たに創出される雇用は、インフラ計画なしで1140万人、同計画の法案可決に成功した場合は1350万人と試算した。

  バイデン氏は2日、企業への増税が人材の採用や成長を妨げる恐れがあるとの批判に反論。「応分の支払いを米企業に求めるだけであり、経済を減速させることは全くない。経済がよりうまく機能し、より多くの活力を生み出すだろう」と述べた。

バイデン氏インフラ計画、共和党がけん制-規模30%未満なら支持

原題:
Biden Says With Infrastructure Bill U.S. May Add 19 Million Jobs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE