コンテンツにスキップする

SPACブーム、IPO引き受け番付も様変わり-新たな顔ぶれ上位に

  • 1-3月はシティが首位、UBSはトップ10から姿消す
  • キャンター・フィッツジェラルドが大躍進で10位に

「白紙小切手会社」とも呼ばれる特別買収目的会社(SPAC)の上場活況を受け、ウォール街の新規株式公開(IPO)引き受け番付にも変化が現れている。一部の大手行が順位を落とす一方、新たな顔ぶれが上位に食い込んできた。

  SPACブームで最大の恩恵を受けているのがキャンター・フィッツジェラルドだ。SPACの引き受け業務で長らく業界トップの一画を担ってきた同社は、1-3月(第1四半期)終了時点で世界のIPOアドバイザー業務で10位に入った。過去10年間、通年では同社がここまで上位に食い込んだことはない。ブルームバーグが集計したデータによると、同社の今年これまでのIPO引受手数料の99%がSPAC案件によるもの。SPAC抜きでは順位は155位下がることになる。

  SPACによる1-3月のIPO総額は計1000億ドル(約11兆1000億円)と、米株式市場でのIPO全体の3分の2余りに相当する。

Global IPO Rankings

League tables shaken up by wave of blank-check listings

Source: Bloomberg

"Ranking Boost" compares current positions on IPO league table to ranking if blank-check companies weren't counted. Last column measures percentage of deal credit coming from SPACs.

  同四半期のIPO引き受け番付で首位となったのは、順位を6つ上げたシティグループ。競合のバンク・オブ・アメリカ(BofA)は前年から9位上昇して6位に入った。

  一方、スイスのUBSグループとアジアの投資銀行4行、中国国際金融中信証券中信建投証券国金証券はトップ10から姿を消した。

  ただ、SPAC上場はペースが鈍化する兆候もすでに現れている。先週にSPACが申請した米IPO計画の規模は計84億ドルと、前週から36%減少。金額と件数がいずれも1月末以降で最低となった。

Turning Tide

Volume of new SPAC filings declines from record highs

Source: Bloomberg

Data for most recent week is through mid-day April 1.

参考記事
ドイツ銀に思わぬ恩恵、SPACは得意分野-IPO助言も10位に復帰
M&A、2021年に好スタート-1~3月は過去約20年で最高
モーリス氏、活況のSPAC業界で離れ業-1日で3社のIPO申請

原題:
Wall Street’s $100 Billion SPAC Boom Upends the League Table (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE