コンテンツにスキップする

OPECプラス、5-7月に段階的減産縮小-200万バレル供給増へ

更新日時
  • 5月と6月に協調減産を日量35万バレル、7月は同約45万バレル縮小
  • サウジは自主的に実施の日量100万バレルの減産も段階的に元に戻す

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は1日にテレビ会議形式で開いた閣僚級会合で、協調減産を今年5月から7月にかけて段階的に縮小し、市場への原油供給量を増やすことで合意した。

  先月の会合で4月の産油量をほぼ据え置くことを決め、5月以降も現行の減産水準を維持する慎重な対応が広く予想されていただけに供給を増やす今回の決定は、世界経済の回復にOPECプラスが自信を深めている表れといえる。

  OPECプラスは5月と6月に協調減産をそれぞれ日量35万バレル、7月は同約45万バレル縮小する。OPECの盟主サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相が記者団に明らかにした。サウジが自主的に実施してきた日量100万バレルの減産も5月に日量25万バレル、6月に35万バレル、7月に40万バレル縮小し、元の水準に戻す。

  7月時点のOPECプラスの原油供給量は、現在の水準から合計で日量200万バレル余り増え、協調減産(日量約700万バレル)とサウジの自主減産分を合わせた全体の約4分の1が市場に戻る。

  サウジのアブドルアジズ・エネルギー相は、OPECプラスは市場の反応を試し、必要なら次回28日の会合が方針を転換する機会になると語った。

  米国とインドを含む主要消費国は、OPECプラスに原油価格の抑制を求めてきた。1日の閣僚級会合に先立ち、アブドルアジズ氏と電話会談したグランホルム米エネルギー長官は「サウジのエネルギー相ときょう生産的な電話協議を行った。消費者にとって手頃で信頼できるエネルギー供給源の確保に向け国際協力の重要性をわれわれは再確認した」とツイートしていた。

Number of people crossing U.S. airports checkpoints

原題:OPEC+ Shows Confidence in Economic Recovery With Oil-Supply Hike(抜粋)

(米エネルギー長官のツイートなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE