, コンテンツにスキップする

みずほFGも米アルケゴスで損失、100億円規模の可能性-関係者

更新日時

みずほフィナンシャルグループが米アルケゴス・キャピタル・マネジメントに関連した取引で100億円規模の損失を計上する可能性のあることが1日、分かった。関係者がブルームバーグに対して明らかにした。

Inside Mizuho Bank Office Ahead of Its Earnings Announcement

アルゴケスとの取引で100億円規模の損失可能性

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  アルケゴスに関する損失可能性については、日経新聞(電子版)が同日、先に報じていた。取引があるのはみずほFGの米子会社だという。

  英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)も同日、みずほFGがアルケゴスと密接な顧客関係にあったことが明らかになり、関連するポジション解消に伴う多額の損失が発生していないか調査を進めていると報じた。

  みずほFG広報担当の塩野雅子氏は「個別の取引についてはコメントは差し控える」とした上で、「現時点で業績予想に影響を与える事象は発生しておらず、今後、開示が必要な事象が発生した場合は速やかに公表する。プライムブローカレッジビジネスは行っていない」と述べた。

  アルケゴスとの取引を巡っては、MUFG傘下の三菱UFJ証券ホールディングスが約300億円の損失を計上するほか、野村ホールディングスでは2200億円規模の損失計上の可能性があることが分かっており、日本の金融機関へも影響が広がっている。

(情報を更新して記事を差し替えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE