, コンテンツにスキップする

EU当局、アストラ製ワクチンと血栓が関係している「可能性ある」

  • 使用制限を裏付けるものはないとEMAのクック長官
  • EMA安全委が恐らく来週中に最新勧告を出す見込み

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、 欧州医薬品庁(EMA)は3月31日、英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンと希少な血栓症例が関係している可能性があるとの見解を示した。少なくとも62症例を特定したが、ワクチン接種の恩恵はなおリスクを上回ると説明した。

  アストラ製ワクチンを巡ってはドイツが副反応への懸念から原則として60歳以上に限って接種を進める方針を示しており、今回のEMA見解により同ワクチンの先行きは一段と不透明になった。欧州で新型コロナ感染者が再び急増する中、域内のワクチン接種プログラムが一段と遅れる可能性がある。

  EMAは医薬品の安全性を評価するファーマコビジランス・リスク・アセスメント委員会(PRAC)が恐らく来週中に最新の勧告を出すだろうと表明。クックEMA長官は、同委が血栓とアストラ製ワクチンに関連性があると結論付けた場合、EMAは患者と医療当局者への勧告を変更すると述べた。

  クック長官は記者会見で、「今のところ、われわれの調査の現段階では、関係している可能性があるとしか言えない」と発言。現時点ではアストラ製ワクチンの使用制限を裏付けるものはないと述べた。

原題:
EU Regulator Sees Possible Link Between Astra Shot and Clots (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE