, コンテンツにスキップする

Zホールディングス、300億円の新ファンドを組成ーAIなどに投資

Zホールディングス(ZHD)は1日、300億円の新ファンドを組成し、人工知能(AI)を中心にコマース、メディア、フィンテックなどの領域に投資すると発表した。

  • ZHDとLINEの経営統合に伴い、両社のベンチャーキャピタルだったYJキャピタルとLINEベンチャーズが合併し、Zベンチャーキャピタルとして事業を開始
  • 日本のほか、韓国や米国、中国、東南アジアなどグローバルに投資する
  • ヘルスケア、サイバーセキュリティ分野も投資領域
  • シード期からレイター期のスタートアップに投資
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE