コンテンツにスキップする

ドイツ銀、素早い売却でアルケゴスショックの難逃れる-関係者

  • マージンコール後、約40億ドル相当の株式を投資家に直接売却
  • 買い手の1社は欧州ヘッジファンドのマーシャル・ウェイス

ドイツ銀行は3月26日にビル・フアン氏のファミリーオフィス、アルケゴス・キャピタル・マネジメントが金融機関からのマージンコール(証拠金請求)に応じられず、ポジションが強制的に解消された際、約40億ドル(約4430億円)相当の株式を投資家に直接売却することで痛手を回避した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ファン氏は高レバレッジを利用して株式のポジションを積み上げていた。他行の一部はアルケゴス向け与信で多額の損失の可能性に直面している。

  当時、アルケゴスのポジション解消のため他の金融機関が株式を既に売却し始め、ドイツ銀は損失を抱え込むことを避けるためエクスポージャーの処分を迫られていた。

  買い手に回った投資家の1社は、欧州最大級のヘッジファンド運用業者マーシャル・ウェイスだった。マーシャル・ウェイスの役割について詳しい関係者1人が匿名を条件に明らかにした。他の買い手は現時点では不明。

  ドイツ銀とマーシャル・ウェイスの担当者はコメントを控えている。

  この40億ドル相当の株式売却により、アルケゴスのポジション解消で清算された投資の総額は知られているもので300億ドル近くに達する。

関連記事

米SEC、アルケゴスのトレーディング巡り調査開始-関係者

クレディ・スイス劣後債に売り続く、アルケゴス関連損失巡る不透明で

UBSもアルケゴス取引から無傷ではない-報道

アルケゴス、富裕層のレバレッジ危険浮き彫り-株を担保差し入れ

ウェルズF、アルケゴス関連のエクスポージャー全て解消-損失出さず

原題:Deutsche Bank Dodged $4 Billion Archegos Hit With Quick Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE