, コンテンツにスキップする

ラガルド総裁、投資家はいくらでもECB試すことができる

  • ECBには例外的な手段ある、必要に応じて使用する-総裁
  • PEPP縮小を決めた場合は十分な時間的余裕をもって通知する

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は31日、 投資家が債券利回りを押し上げようとすればECBは持てる全ての手段を駆使して対応すると言明した。

  総裁はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「投資家は好きなだけわれわれを試すことができる。ECBには現在、例外的な手段があり、必要に応じて使用する」と語った。

  ECBは今月、債券利回り上昇を抑えるためにパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の下での購入を加速させた。利回り上昇は新型コロナウイルス不況からのユーロ圏経済の回復を妨げかねない。

  米国の景気回復と経済対策パッケージがリフレトレードをあおり、利回りは世界的に上昇したが、ユーロ圏はまだ新型コロナの感染第3波に見舞われている。7500億ユーロ(約97兆4000億円)規模の欧州連合(EU)共同復興基金も6月にならないと稼働しない。

「投資家は好きなだけわれわれを試すことができる」と語ったラガルドECB総裁

Source: Bloomberg)

  総裁はまた、「テクニカルで一時的な」要因によって短期的に物価上昇圧力が高まるとみられるが、ECBが短期的な動きに左右されることはないと述べ、そのような物価上昇はファンダメンタルズによるものではないので無視するべきだと語った。

  政策委員会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁も31日にウェビナーで、「多くの人が緩和的な金融政策がもたらす結果について懸念を表明している」が、「ハイパーインフレの兆候はどこにもない。逆に、ユーロ圏のインフレは回復が遅すぎる恐れがある」と語った。

  ラガルド総裁はPEPPについて、「最大限の柔軟性を活用している」とし、1兆8500億ユーロの「全額を使うか、使わないか、あるいはさらに拡大するか、必要に応じて調整する」と述べた。ECBが必要だと判断すれば2022年3月より先まで延長することが可能だとも言明した。

  一方、プログラムを縮小することを決めた場合は、「市場の不安やかんしゃくなどを引き起こさないように十分な時間的余裕をもって通知する」と約束。欧州の経済状況は不確実性が際立つとした上で、「可能な限りの確実性をもたらすのが金融政策とECBの仕事だ」と述べた。

原題:Lagarde Says Market Can Test ECB Resolve as Much as It Wants (2)Lagarde Says Market Can Test ECB Resolve as Much as It Wants (1)Lagarde Says Investors Can Test ECB Resolve as Much as They Want、Lagarde Says Technical, Temporary Factors Will Push Prices Up、Lagarde Says ECB To Give Sufficient Notice Before Unwinding PEPP(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE