, コンテンツにスキップする

郵船:日本船籍最大の新客船を建造へ、地銀などから建造費用調達

日本郵船子会社の郵船クルーズは31日、21年3月末にドイツの造船会社マイヤー・ベルフトと新客船の造船契約を締結したと発表した。

  • 5万1950トン規模で、2025年中に完成予定
    • 23年にマイヤー・ベルフトのドックで建造を開始し、25年に引き渡しを受ける予定
  • 建造費用は、郵船クルーズの株主であるアンカー・シップ・パートナーズの船舶投資ファンドで調達し、複数の地方銀行なども参画
  • 日本船籍で最大となる一方、乗客定員は「飛鳥Ⅱ」の85%程度に絞る
  • LNG燃料(液化天然ガス)、低硫黄燃料、ガスオイル燃料の計3種類の燃料に対応
  • 関連記事:郵船:新型客船を建造へ、一部資金を金融市場から調達-共同 (1)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE