コンテンツにスキップする
Photographer: Maurice Tsai
cojp

英アーム、10年ぶりの大幅技術刷新を発表-インテルに照準

  • 最新アーキテクチャー「Armv9」はAI対応など強化
  • 向こう2世代のプロセッサーの性能は30%向上へ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

半導体設計の英アームは30日、プロセッサーの最新アーキテクチャー「Armv9」を発表した。約10年ぶりの大幅な技術刷新で、半導体メーカー最大手の米インテルが現在支配する市場を照準に定めた。

  Armv9では、人工知能(AI)の一種である機械学習の処理能力を向上。追加のセキュリティー機能でデータやコンピューターコードをさらに保護する。

  アームは新アーキテクチャーにより、携帯電話やデータセンター向けの今後2世代のプロセッサーの性能が30%向上するとしている。

  アームはアップルサムスン電子などの企業にプロセッサーの設計を販売し、命令セット(半導体を制御するコード)をライセンス供与している。インテルはパソコン(PC)とサーバー用のプロセッサー市場で優位にあるが、アマゾン・ドット・コムなどの顧客がアームの技術を使った独自チップの設計を増やしており、市場支配力は弱まりつつある。アームはArmv9投入で自社の立場を固め、インテルに対する攻勢を強める構えだ。

原題:
Arm Takes Aim at Intel Chips in Biggest Tech Overhaul in Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE