, コンテンツにスキップする

金融当局が踏み続けるアクセル、市場に脆弱さの兆し-モルガンS

  • アルケゴスの問題、金融システムに脅威は及ばない
  • 経済成長はこれまでより「はるかに強く」、シクリカル銘柄には有利

景気浮揚のため米金融政策当局が「アクセルを踏みっ放し」の状態を維持していることが、市場に「脆弱(ぜいじゃく)さ」の兆しを生んでいる。米モルガン・スタンレー・ウェルスマネジメントの最高投資責任者リサ・シャレット氏が指摘した。

  シャレット氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、米アルケゴス・キャピタル・マネジメントの問題について「いくつかの他の問題とは異なり、今回はシステミックリスクがもたらされるほどの問題ではない」と語り、金融システムに脅威は及ばないとの見方を示した。

  金融政策当局者は金融システムに注入される流動性が、結果的に生じる「金融アクシデントやバブル」よりも経済にとって重要だとみなしているとも語った。

  シャレット氏は「投資家は資産ポートフォリオを一新すべき時期」と主張。アクティブ運用やより短期のデュレーションを選好する方針へと転換する必要があると論じた。

  経済成長はこれまでと比べ「はるかに強く」なり、シクリカル銘柄や労働市場にとっては有利に働くが、債券市場などにとっては逆風になるだろうと述べた。

原題:Morgan Stanley’s Shalett Says Market Shows Signs of ‘Fragility’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE