, コンテンツにスキップする

クオールズ副議長、FRBは2%超のインフレ率に強くコミット

米連邦準備制度理事会(FRB)のクオールズ副議長(銀行監督担当)は、インフレ率を目標の2%を超える水準に押し上げるとの金融当局の言葉を投資家は信ずるべきだと述べた。

  クオールズ氏は30日、ピーターソン国際経済研究所(PIIE)での金融規制に関するスピーチの後で、「連邦公開市場委員会(FOMC)はインフレ率が目標値の2%を幾らか上回っても問題ないと考えているとの見方は非常に確実性が高いと思う」と発言。「時間をかけて平均化していく。これは非常に確実性の高いFOMCのコミットメントであり、私はこれを強く支持する」と言明した。

  FOMCは昨年8月に期間平均で2%のインフレ率を目指すと表明。雇用の最大化というもう一方の責務に関しても姿勢を変更し、新たなアプローチを発表した。これに伴い、インフレ期待値を抑制できなくなりつつあるとの兆候が示されない限り、失業率が低下しても予防的な利上げという手段は取らない方針だ。

  クオールズ氏は「早まるべきではない」と述べ、「マクロ経済や金融政策の動向を過去10年だけでなく、15年や20年分までも見ることによって、優れた結果を導き出せるのではないだろうか」と話した。

原題:Quarles Says Fed Very Committed to Pushing Inflation Above 2%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE