, コンテンツにスキップする

米消費者信頼感指数、3月は1年ぶり高水準-雇用動向を楽観

更新日時

民間調査機関のコンファレンスボードが発表した3月の米消費者信頼感指数は、1年ぶり高水準となった。経済と雇用に対する楽観が強まり、今後数カ月に消費支出がより広範に回復する兆候を示した。

キーポイント
  • 消費者信頼感指数は109.7に上昇
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は96.9
    • 前月は90.4(速報値91.3)に下方修正
  • 期待指数は109.6、2019年7月以来の高水準-改善幅は18.7ポイントと09年5月以来の大きさ
  • 現況指数は110に上昇-1年ぶりの高水準
Consumer optimism rose on improved labor, business outlooks

インサイト

  • 新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、活動制限がより広範囲で緩和される中、家計部門の見通しは改善した。追加経済対策の成立もマインドを押し上げた公算が大きいほか、向こう数カ月で経済活動と労働市場を活気づけると予想されている
  • コンファレンスボードの景気指数担当シニアディレクター、リン・フランコ氏:
    • 「消費者の現況および短期見通しの認識が大幅に改善した。経済成長が向こう数カ月で力強さを増す公算が大きいことの兆しだ」
    • 「消費者があらためて楽観的となり、住宅や自動車など高額品の購入意欲が高まった」

詳細

  • 今後数カ月に住宅購入を予定しているとの回答比率は過去最高。自動車や大型家電製品を買う計画だとの回答比率も上昇
  • 労働市場動向の認識も改善。現在仕事が豊富にあるとの回答比率は上昇し、仕事が見つけにくいとの回答比率は1年ぶり低水準だった
    • 今後6カ月で雇用増を見込むと36.1%が回答
  • 統計表

原題:U.S. Consumer Confidence Surges to One-Year High on Job Optimism(抜粋)

(統計の詳細を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE