, コンテンツにスキップする

5年物米国債利回りが1年ぶり高水準-ブロック取引引き起こす

米国債はアジア時間の取引で下落。ドルの対円での上昇などで軟調になり、5年債の利回りは0.9%と2020年3月以来の高水準に達した。

  ドル・円は一時110円を突破。5年債利回りが0.9%となった直後にポジション解消と見られるブロック取引の売りが出た。10年物利回りは一時3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.74%。

  四半期末の持ち高調整による債券への資金流入は見られない。バンク・オブ・アメリカ(BofA)は、米国債に410億ドル(約4兆5200億円)が流入する可能性があると試算していた。

原題:Treasury 5-Year Yield Hits Highest in a Year to Spur Block Sale、Stocks Steady as Yields Climb on Vaccine Outlook: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE