コンテンツにスキップする

仮想通貨のリップル、アジアの決済専門業者トラングロに40%出資へ

暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)を発行する米リップル・ラボは、アジアの国境を越えた決済を専門に手掛けるトラングロに40%出資することを計画している。

  リップルは29日の発表資料で、今回の提携によって、取引でのXRP利用への需要に対応することが可能になると説明した。

  リップルによると、トラングロはマレーシアに拠点を置き、創業以来、総額40億ドル(約4400億円)に上る2000万件超の取引を処理している。

リップルをSECが「不可解にも」提訴、XRPは一時13%急落

原題:Crypto Firm Ripple to Take 40% Stake in Asia Payments Specialist(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE