, コンテンツにスキップする

トルコ・リラ、日本の小口投資家が押し目買い-ドル円ショートも急増

  • ネットのリラ・円ロング、26日に2302枚増-東京金融取引所のデータ
  • トルコ中銀のドラスティックな利下げはない-上田ハーローの山内氏

先週のトルコ・リラ急落を受け、日本の一部小口投資家などリラ強気派がすでに買いに動いている。

  ブルームバーグが集計した東京金融取引所のデータによると、26日のリラ・円ロングのネットポジションは2302枚増加。25日までの1週間では2万8108枚減少していた。

Favorite Trade

Japanese retail demand for Turkish lira remains robust

Sources: Bloomberg, Tokyo Financial Exchange

  リラ売りが続くと警告するストラテジストもいるが、日本の小口投資家はリラ買いを再開しつつある。トルコ中央銀行総裁の更迭が繰り返されたことで中銀の独立性を巡る懸念が広がり、リラ急落を招いた。カブジュオール新総裁は、市場の沈静化を目指しているが、不安が続く可能性がある。

トルコ中銀総裁「4月の利下げ当然と考えるべきでない」-予断持たず

  上田ハーローの外貨証拠金事業執行担当役員、山内俊哉氏は、リラは押し目買いで「しつこく復活する通貨だ」と指摘する。

  トルコ中銀が4月の金融政策委員会(MPC)でどの程度の利下げを決定するか注目されるが、「主要国でまだ金利が高い方であり、下がったところは買い拾われる」と山内氏は分析。「少なくとも利上げがないことは織り込み済み。あとはどれくらい下げるか、現状維持にするのかというところだ」と述べ、「ドラスティックには下げないと思う」との見方を示した。

  ドル高が進み1年ぶりの1ドル=110円が目前に迫る中で、日本の小口投資家がドル反落に備えていることも東京金融取引所のデータで示された。26日のドル・円ショートのネットポジションは13万9470枚増え、昨年6月以来の急増となった。

Contrarian Bet

Japan retail investors have been boosting net dollar shorts

Sources: Bloomberg, Tokyo Financial Exchange

  山内氏はドル・円について、「節目の110円なので、そういう水準ではショートをつくりたいという動きがあると思う」と指摘。「110円超えではアンワインドはしないと思う。ドル・円の上げ局面ではショートを振りたい人が多くなると思う。110円に乗せた後の方が増える」だろうと話した。

原題:Battered Lira Lures Back Japan Retail Buyers Looking for Carry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE